これじゃ直らない!?トイレの構造を理解して詰まりを解消する

トイレ詰まり解消のためには構造を理解する必要がある

誰しもが必ずどこかで見舞われるのが、トイレ詰まりです。これを解消するために何らかの手段を講じる必要がありますが、トイレは逆流防止や洗浄に効率的な水流を発生させるために、想像以上に複雑な構造になっています。この構造をある程度理解していなければ、効率的にトイレ詰まりを解消することはできません。本来は必要が無いにも関わらず修理業者を呼んでしまったということにならないよう、どういった点に注意しておけば良いのかを把握しておくようにしましょう。

便器に一定の水位が無ければ状況は改善されない

トイレ詰まりは、ある程度放置することで直ってしまうことがあります。これは詰まりの原因であるトイレットペーパーや汚物の塊が、時間経過で水に溶かされるためです。これが最も詰まりやすいのが「せき」と呼ばれる部分ですが、これは便器に座った際の手前にあり、排水路はそこから一気に下方に下るような構造になっています。逆流防止のためにこうした複雑な構造になっているのですが、せきは便器の上方にあるため、便器の水位が低いとせきまで水が届かずに詰まっている塊を溶かすに至らず、状況が改善されることはありません。

排水路は狭いため、詰まりを押し込んではいけない!

トイレ詰まりを改善しようと便器にラバーカップを当てる場合がありますが、このラバーカップを使用する際にも便器の構造に即した注意点があります。それは、ラバーカップで詰まりを押し込むのではなく、詰まりを手前に引き出すように使用するということです。便器の排水路は想像以上に狭くなっているため、詰まりを押し込むと余計に詰まりをひどくします。ラバーカップは詰まりにかかる圧力を和らげるために引き戻すようにして使用するのが本来の使い方なので、その点を留意して使うようにしましょう。

夜中などに水漏れしてしまった場合でも、駆けつけてくれる24時間対応の企業がありすぐに修理してもらうことができます。