トイレが詰まり治し方までの一連の作業とは?

トイレが詰まるには原因がある

トイレに固形物などを落としてしまったら勿論トイレは詰まってしまいますよね。それが考えられなければ、配水管が詰まってる可能性が多くみられます。この場合は前兆として用を足した後の水が流れにくくなっており、水位が高くなってる事です。この場合は無理に直そうとしないで専門業者に依頼する事がいいでしょう。無理に自分で直そうとすると配水管に係る2次的なトラブルを招く事になるかもしないという事を頭に入れておきましょう。

便器内でのトラブルの見つけ方

水の流れが少ない場合は便器内でトラブルがある事が多いです。よく、節水の為にタンクにペットボトルを入れておきますが、これは汚物を流す為の水圧が少なくなる為に便器内や配水管で詰まりを起こす原因にもなります。それでなくても水の流れが少ない場合はタンク内で問題が起きてる可能性があるのでタンクを修理する必要があります。タンクに水が溜まらない場合はすぐに専門業者に連絡しないとタンクの水が全て便器内に流れている事なので止めなくてはいけません。

水を流した時に変は音が!?

水を流した時に変な音がしたら排水口か便器内に何が詰まってる可能性が高いので早めに専門業者に連絡をしましょう。トイレットペーパーを大量に流したりするだけでもトイレは詰まったりするので気を付けなくてはいけません。そのままにしておくと、トイレから水が溢れだして家の中までが汚れてしまう事もあるので、なるべく早めの処置が必要です。トイレが詰まらにようにするにはトイレットペーパー以外は流さない、普段使うティッシュは水に溶けないのでそれを流すと詰まりの原因になる事を忘れないで下さい。

トイレ詰まりは一度に大量の排泄物や紙を流すと生じやすい傾向があります。そのため、少量ずつ流すことが詰まりの予防に繋がります。