代理店を通じて買い物をしている理由は何?

本店が遠い人向けの代理店

代理店があると、多少遠出の人にとっては助かるでしょう。代わりに販売してくれるので、後はお店同士が引き継ぎが出来ているかに掛かっています。代理店のおかげで、少々安く買う事が出来ているので、消費者にとっては有り難い存在になってますよね。本店にとっては苦い経験してますよね。販売は利益を出さなければ儲けを出す事は出来ないですよね。止むを得ず、在庫を抱えてしまうよりはマシですよねという話になっていきます。同じ商品でも販売の仕方が違うと、売り上げも響いて来ます。

あくまでも判断は消費者?!

消費者にとっては欲しい物が安く変えたらラッキーでしょう。販売は本店から始まりますが、色んなお店でも出されるようになります。本社は営業で販売なり、売り込みをしてアピールする必要があります。社員によるプレゼンテーションは、聞く人の心まで響き渡ればいいです。代理店で販売されるものは、新商品と比較すると価値は下がっています。それは仕方がないですが、結果的に在庫を無くなるようにすればいいのです。在庫が残ると、本店も代理店も扱いに困ってしまいますよね。

代理店に頼む事は良いのか?

代理店はあくまでも本店の考えと思惑通りに行かないでしょう。代理店経営の人にとっては、販売方法は全て任されているだけに戦略を持って行うようになりますよね。代理店は一歩下がってリサイクル店みたいな感じです。新商品も販売しているリサイクルショップという位置づけと理解しますよ。値段が違うだけの事で、本社にとっても在庫が多すぎると管理に困ってしまうものです。お金さえ下げたら、消費者は興味を示してくれるから代理店の存在は有り難いですよ。

代理店とはサービスや商業的な取り引きなどの取引を代理で行ってくれるお店です。メーカーと顧客の間で売買契約などの一定業務を請け負います。