トイレ詰まりを自分で直すときのポイント3選

トイレ詰まりの原因が何なのか

一般的にトイレは家庭に一か所しかないものです。このトイレが使えないとなれば、誰でも焦ってしまいます。専門家に連絡する前に、なぜ詰まったのかを考えてみることです。汚物を流す原理から言えば、水の通路に何かが詰まったことが一番考えられるので、詰まったものが何なのかで自分でも解決できるかもしれません。一般的には、トイレットペーパーを大量に流したことで詰まることが多いのです。このレベルであれば、自分でもトイレ用吸引カップがあれば解決できます。

トイレタンクに節水調整をしている場合

トイレタンクに節水のため、ペットボトルに水を入れてタンクの水量調整をしている家庭があります。普段は何の問題もなく流れていたのに、突然詰まることがありビックリします。小さな用足しには何の問題もありませんが、大の用足しでたくさんの便が出た時やトイレットペーパーを大量に使用した時に水量が無いので詰まることがあるのです。メーカーでは水量と水圧で流すようにしているためです。この詰まりも、吸引カップがあれば自分で解決できます。

明らかにトイレットペーパーが詰まっている場合

トイレ詰まりの原因が、明らかにトイレットペーパーを使いすぎて詰まっていると思われた時には、少し様子をみてみることです。他の紙ではダメですが、トイレットペーパーであれば水に溶けて空間ができ、水の流れができる可能性があるのです。そのために、30分から1時間ほどしてバケツに水を汲んできて少しづつ流してみましょう。間違っても、タンクのハンドルを回して流さないこです。流れないと溢れてきて慌てることになります。詰まった排水溝にすき間ができればよいのです。

水道修理は、急に必要になる場合があります。いつでも電話一本で駆けつけてくれる企業もあるので急な場合でも安心です。